身に覚えがあるかもしれない場合でも、消費者センター等に相談してほしい。

架空請求への対処法

 

今回は、セフレを募集する際に出会い系サイトから架空請求を受けた場合について説明したいと思う。

 

架空請求というのは、実際に利用していないにも関わらず請求が届くという場合をいう。

 

今日において、悪徳業者が、架空請求をするということ自体が少なくなってきている。
なぜなら、社会的に、架空請求に対しては無視してかまわないという対処法が確立していることと、業者側が訴訟をおこしても、敗訴しているからである。

 

そもそも、契約というのは、両当事者の意思の合致があって初めて有効に成立する。
したがって、あなたの側が、身に覚えのない請求を受けたからと云って、支払う義務が生じるはずがないのである。
もし、少しでも身に覚えがあると感じた場合でも、慌てることなく、消費者センターに相談してほしい。
絶対に、安易に、支払いを行うということをしてはいけない。

 

また、自宅に請求書などが届いても、裁判所からの支払い督促が届くまでは、無視してかまわない。
裁判所からの支払い督促は、直接渡されることが原則であるため、自宅のポストに入っているような支払状は無視してかまわない。
不安に思うような場合には、消費者センターへ行けば、本物の督促状かどうかを見てくれる。

 

裁判所からの督促上が届いた場合には、あなたが督促状を受け取ったにも関わらずそのままにしていると、あなたに支払いの理由がなくても、あなたが敗訴してしまう。
そして、一定期間控訴しないと、裁判が確定し、あなたは、その金額を支払わなければならなくなってしまう。
そのため、裁判所からの督促状が届いた場合には、適切な対応をしてほしい。


ホーム RSS購読 サイトマップ