デザインだけで悪質サイトの判断は不可能

デザインだけで判断は不可能

 

以前は、悪質サイトといえば、男性会員を引き込むために、エロティックなデザインになっていたため、一目見ただけでわかった。
しかし、今日では、悪質サイトは、見やすくまとまったデザインの物に変更されている。
また、ネーミングも、ひらがなで、癒し系の印象を与えるものまで出てきている。
そのため、ネーミングやサイトのデザインを見ただけでは、悪質サイトなのかを判断することは不可能な状態になっている。
手の込んだサイトでは、個人情報のライセンシーを取得して、優良サイトを装っているサイトまである。

 

手の込んだサイトと云えば。相手探しを手伝うスタッフを常備している悪質サイトまである。
このようなスタッフがおススメしてくる相手はサクラであることは容易に想像できる。
しかし、外観だけをみれば、このようなサイトのほうが優良サイトである可能ように思えてしまう。
騙して儲けを得ようと考える人の集まりであることから、相手を騙すために外観を整えることなんて朝飯前にこなしてしまうのである。

 

このようなサイトは、悪い評判が立つと、以前に使用していたサイト名を捨てて新しいサイト名で活動する。
そのため、サイトのレビューを検索しても見つからないことがある。
そのため、レビューが見つからないサイトには登録しないというというのも、悪質なサイトに登録してしまわないようにする手段であるといえる。

 

なお、サクラと一般会員が半々くらいでいるようなサイトがある。
そのようなサイトは、サクラを利用する分の利益が必要であるため、料金が高めに設定されている。
そのため、料金の確認は、欠かしてはいけない。


ホーム RSS購読 サイトマップ